薄毛のお悩みにおすすめの育毛クリニックまとめ

加齢からくる白髪、薄毛について

女性の髪の毛は、特に更年期あたりから髪の毛が細くなったり、白髪が急に増えたリ、髪の毛が薄くなったりといった悩みはつきないです。

 

その前までは、ヘアデザインをどのようにするか?髪の毛のハリや艶がでるようにと美容院へ行って相談することが多かったのに、更年期になり、髪の毛が薄くなり、白髪だらけになった髪の毛で、恥ずかしくて美容院へ足が運べません。

 

バスに乗ったりした時などには、背の高い人に私の薄毛に気が付かれたら「どうしよう」とハラハラして、家に帰ると情けなく涙が出る日もあります。

 

「夫にウィッグにしてみたいな」と言って見ると「まだ早い早い。育毛剤で努力をしなさい。」と夫にはそう言われるだけで、女性の心理をわかっていないなあと夫の理解のなさに淋しさをふと覚えてしまいまよね。

 

そんな時、テレビを見てると、「ウケスケ地肌」にお助けアイテムというものがテレビでやっているではありませんか。

 

それは、「利尻白髪かくしパウダー」でした。
正直テレビで見ていて本当だろうかという気持ちは無くなありませんでしたが、今の私の気持ちは藁をにも縋りたい切羽詰まった思いだったので、思いきって1個、買って使ってみました。

 

透けて見える前から後ろに向かって、髪が薄くなった地肌にポンポンポンとと軽くパウダーを叩きながら「あらららら」という感じでまるで手品でも見ているかのように変身したんです。
地肌にポンポンだから、あまり変わらないんじゃないのかなと思っていましたが、ポンポンポンと髪の無い部分を叩くと、そのポンポンポンと叩いた後を見ると、まるで髪の毛があるように見えて、しかもボリュームが出たように見えたとき、隣から夫が「それってすごい。普通に髪があるように見える。」と驚いていました。それは嬉しかったですね。

 

自分でシャンプー、カラートリートメントをして、育毛剤でマッサージ、そしてお出かけの時は「白髪かくしパウダ」でポンポンポンと涙ぐましい努力と時間が必要な更年期を迎えた女性は、体調が思わしくなくても、髪の毛で顔の印象がすごく違うことを知っているからこそ、日々努力をして頑張っているのです。

 

 

女性の薄毛の対策方法

 

女性も30代後半になるとだんだんと髪の毛が細くなり、ハリやコシがなくなったりするなど薄毛の症状が表れてきます。
こうした女性の薄毛対策についてご紹介します。

 

まずはシャンプーを変えることです。今まで使っていた普通のシャンプーを見直して、育毛効果や地肌を活性化する効果のあるものに変えましょう。シャンプーを変えただけで薄毛がかなり改善する場合があります。

 

そして地肌のマッサージを習慣化してしまいましょう。シャンプーをする前にはブラシを使って丁寧に地肌と髪をブラッシングします。こうすることで汚れを浮き上がらせることもできますし、髪の指通りもよくなるのでシャンプー中の切れ毛なども防ぐことができます。

 

またシャンプーの時にはシャンプーブラシを使います。地肌の血行をよくしながら気持ちよく洗うことができますし、長い爪などで地肌を傷つけることもなくなります。シャンプーブラシを使うことによって、髪を洗っているときでも地肌全体をまんべんなくマッサージすることができます。

 

シャンプー後には育毛剤を使いましょう。今はさまざまなメーカーから女性用育毛剤やヘアトニックが沢山出ていますので、地肌に合うもの、しばらく使ってみて効果を実感できるものをおすすめします。シャンプーしたあとの綺麗な地肌に育毛剤をつけて指の腹で優しくマッサージすることを習慣化することで効果が得られます。

 

こうした日々の生活のなかでできる薄毛対策を少しずつ行うことで確実に髪のハリやコシは戻り、薄毛は防げますので皆さんにもぜひ試して頂きたいと思います。

 

PR:クリーミューは、小鼻の黒ずみやにきびに悩む女子におすすめ!

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ